Umbrella - にほんご。

not

更新日: 2018-02-13

.not(not)

条件にマッチしない要素を保持し、 それ以外の要素は除外します。


パラメータ

filter: string
  • string : 除外する要素のCSSセレクタ。
  • instance : 除外する要素を持ったUmbrellaインスタンス。
  • function : booleanを返す関数。除外する場合はtrueを返す必要があります。
    この関数はnodeをパラメータとして受け取ります。 また、thisはUmbrellaのインスタンスなので、 this.slice()のように他の関数を利用することができます。
.not('a')
.not(u('a'))
.not(function(node){ return Math.random() > 0.5; })

戻り値

u
除外するノードを持ったUmbrellaのインスタンスを返します。

以下のHTMLがある場合、

<ul class="menu">
    <li><a class="active">Menu item 1</a></li>
    <li><a>Menu item 2</a></li>
    <li><a>Menu item 3</a></li>
</ul>

非アクティブなリンクのみを取得します。

var nonactive_links = u('.menu a').not('.active');

アクティブなリンクを取得します。

active_links = u('.menu a').not(nonactive_links);

デモ

"PUSH"ボタンを押した時に3以外の入力値の背景を ピンク色に変更します。

JavaScript

u('button').on('click', function(){
  u('#demo input').not(function(node, i){
    if (parseInt(u(node).first().value) == 3) {
      return true;
    }
  }).addClass('error');
});

CSS

.error {
  background-color: #FCE4EC;
}

HTML

<button type="button">PUSH</button>
<div id="demo">
  <input type="text" value="1">
  <input type="text" value="2">
  <input type="text" value="3">
  <input type="text" value="4" class="error">
</div>

関連項目

.is() 要素が指定した条件に合致するかを確認します。

.filter() 不要な要素を除外します。


© 2014 Francisco Presencia Released under the MIT license

このコンテンツはFrancisco Presencia(franciscop)によるUmbrella JSドキュメントを翻訳/改変したものです。