visibleStyles

更新日: 2018-02-09

全ての表示アイテムに適用するスタイル。 これらのスタイルは表示/非表示アニメーションにも使用されます。 つまり、visibleStylesオプションとhiddenStylesオプションで、 同じスタイルプロパティを指定する必要があります。 全てのスタイルプロパティは、必ずキャメルケースで定義してください。

  • 初期値 : {opacity: 1, transform: 'scale(1)'}
  • 値 : object
var grid = new Muuri(elem, {
  visibleStyles: {
    opacity: 1,
    transform: 'rotate(45deg)'
  },
  hiddenStyles: {
    opacity: 0,
    transform: 'rotate(-45deg)'
  }
});

デモ

"アイテム表示/非表示"ボタンを押すと、 それぞれのアイテムが回転して表示されます。

アイテム1
アイテム2
アイテム3

JavaScript

var grid = new Muuri('.grid', {
  visibleStyles: {
    opacity: 1,
    transform: 'rotate(45deg)'
  },
  hiddenStyles: {
    opacity: 0,
    transform: 'rotate(-45deg)'
  }
});
 
document.querySelector('.show-items').addEventListener('click', function () {
  grid.getItems().forEach(function (item, i) {
    if (item.isVisible()) {
      grid.hide(item);
    } else {
      grid.show(item);
    }
  });
});

HTML

<button class="show-items">アイテム表示/非表示</button>
<div class="grid">
  <div class="item">
    <div class="item-content">
      アイテム1
    </div>
  </div>
  <div class="item">
    <div class="item-content">
      アイテム2
    </div>
  </div>
  <div class="item">
    <div class="item-content">
      アイテム3
    </div>
  </div>
</div>

CSS

.grid {
  position: relative;
}
 
.item {
  display: block;
  position: absolute;
  width: 100px;
  height: 100px;
  margin: 5px;
  z-index: 1;
  color: #000;
  border: 1px solid #000;
}
 
.item-content {
  position: relative;
  width: 100%;
  height: 100%;
}


© 2015 Haltu Oy. Licensed under the MIT license

このコンテンツはHaltuによるMuuriドキュメントを翻訳/改変したものです。