layout()

更新日: 2018-09-05

grid.layout( [instant], [callback] )

アイテムの位置を計算し、 計算した正しい位置に移動します。 グリッドの高さ/幅(レイアウトアルゴリズムによって計算される)も、 アイテムの位置に応じて調整されます。


パラメータ

instant: boolean
  • 初期値 : false
  • アニメーション無しでアイテムを移動させるかどうかを指定します。オプションです。
callback: function
アイテムが配置された後に呼び出されるコールバックです。 引数として、中断されず正常に配置された全てのアイテムの配列を受け取ります。 オプションです。

戻り値

無し*1

*1 ソース上はインスタンスを返しています。


var grid = new Muuri('.grid');
grid.layout(function (items) {
  console.log('layout done!');
});

デモ

console.logに'layout done!'と表示します。

アイテム1
アイテム2
アイテム3
JavaScript
var grid = new Muuri('.grid');
grid.layout(function (items) {
  console.log('layout done!');
});
HTML
<div class="grid">
  <div class="item">
    <div class="item-content">アイテム1</div>
  </div>
  <div class="item">
    <div class="item-content">アイテム2</div>
  </div>
  <div class="item">
    <div class="item-content">アイテム3</div>
  </div>
</div>
CSS
.grid {
  position: relative;
}

.item {
  display: block;
  position: absolute;
  width: 100px;
  height: 100px;
  margin: 5px;
  z-index: 1;
  color: #000;
  border: 1px solid #000;
}

.item-content {
  position: relative;
  width: 100%;
  height: 100%;
}


© 2015 Haltu Oy. Licensed under the MIT license

このコンテンツはHaltuによるMuuriドキュメントを翻訳/改変したものです。