highlight.js - にほんご。

Stylable classes

更新日: 2018-06-20

スタイル可能なクラスは以下の通りです。

一般用途
keyword通常のALGOL(algorithmic language: 現在の一般的な言語)系言語のキーワード。
built_inビルトインやライブラリのオブジェクト。 (constant, class, function)
typeHaskellのようなファーストクラスオブジェクトを持った言語のユーザー定義の型。
literal組み込みの特別な識別子。 (true, false, null)
number数値。(もしあれば)単位やモディファイアを含む。
regexp正規表現。
string文字、文字列。
subst文字列内のパースされたセクション。
symbol記号定数、インターン化文字列、gotoラベル。
classクラス、またはクラスレベルの宣言。 (interfaces, traits, modules等)
function関数、またはメソッドの宣言。
titleクラス、または関数を宣言した場所にある名称。
params関数を宣言した場所にある引数(パラメータ)のブロック。
メタ
commentコメント。
doctagメント内のドキュメントマークアップ。
metaフラグ、モディファイア、 アノテーション、処理命令、プリプロセッサディレクティブ等。
meta-keywordメタ構文に含まれるキーワード、またはビルトイン。
meta-stringメタ構文に含まれる文字列。
タグ、属性、設定
section設定ファイルの見出し、マークアップの見出し。
tagXML/HTMLタグ。
nameXMLタグの名前、S式(SXML)の最初の単語。
builtin-name言語の標準ライブラリのS式(SXML)名。
attrセマンティクスが定義されていない言語の属性名 (JSONのkey、.iniの設定名)、
XMLタグのような、ハイライトされた別のオブジェクトのサブ属性。
attributeCSSプロパティのような、属性名の後ろに、構造化された値が続く要素。
variable設定や、テンプレート内の変数、スクリプト内の環境変数の展開。
マークアップ
bulletマークアップでの箇条書き。
codeマークアップでのコードブロック。
emphasisマークアップでの強調。
strongマークアップでの強い強調。
formulaマークアップでの数式。
linkマークアップでのハイパーリンク。
quoteマークアップでの引用。
CSS
selector-tagCSSでのタグセレクタ(tag)。
selector-idCSSでのidセレクタ(#id)。
selector-classCSSでのクラスセレクタ(.class)。
selector-attrCSSでの属性セレクタ[attr]
selector-pseudoCSSでの疑似セレクタ(:pseudo)。
テンプレート
template-tagテンプレート言語のタグ。
template-variableテンプレート言語の変数。
diff
additiondiffの追加または、変更行。
deletiondiffの削除行。


© 2006 Highlight.js is released under the BSD License. See LICENSE file for details.

このコンテンツはhighlightjsドキュメントを翻訳/改変したものです。