Chart.js - にほんご。

Usage

更新日: 2018-02-09

Chart.jsはES6、プレーンなJavaScript、モジュールローダーで使用することができます。

チャート作成

チャートを作成するには、Chartクラスをインスタンス化しなければなりません。 インスタンス化するには、チャートを表示したい場所のノードか、 jQueryインスタンス、またはCanvas2Dコンテキストを渡す必要があります。 以下のように指定します。

<canvas id="myChart" width="400" height="400"></canvas>
// 以下のいずれかの方法を使うことができます。
var ctx = document.getElementById("myChart");
var ctx = document.getElementById("myChart").getContext("2d");
var ctx = $("#myChart");
var ctx = "myChart";

要素や、コンテキストを取得したら、チャートを生成する準備が整っています。 あらかじめ定義されたチャートをインスタンス化するか、独自のチャートを自分で作ることもできます。

以下の例では、Y軸の開始を0として、投票数をそれぞれ別の色で表す棒グラフ(BarChart)を表示しています。

<canvas id="myChart" width="400" height="400"></canvas>
<script>
var ctx = document.getElementById("myChart");
var myChart = new Chart(ctx, {
    type: 'bar',
    data: {
        labels: ["Red", "Blue", "Yellow", "Green", "Purple", "Orange"],
        datasets: [{
            label: '# of Votes',
            data: [12, 19, 3, 5, 2, 3],
            backgroundColor: [
                'rgba(255, 99, 132, 0.2)',
                'rgba(54, 162, 235, 0.2)',
                'rgba(255, 206, 86, 0.2)',
                'rgba(75, 192, 192, 0.2)',
                'rgba(153, 102, 255, 0.2)',
                'rgba(255, 159, 64, 0.2)'
            ],
            borderColor: [
                'rgba(255,99,132,1)',
                'rgba(54, 162, 235, 1)',
                'rgba(255, 206, 86, 1)',
                'rgba(75, 192, 192, 1)',
                'rgba(153, 102, 255, 1)',
                'rgba(255, 159, 64, 1)'
            ],
            borderWidth: 1
        }]
    },
    options: {
        scales: {
            yAxes: [{
                ticks: {
                    beginAtZero:true
                }
            }]
        },
        responsive: false
    }
});
</script>


© 2013 Chart.js is available under the MIT license

このコンテンツはChart.jsドキュメントを翻訳/改変したものです。