Chart.js - にほんご。

Getting Started

更新日: 2018-06-14

では早速、Chart.jsを使ってみましょう!

まず、Chart.jsを使うにはcanvasが必要です。

<canvas id="myChart"></canvas>

canvasが使えるようになったので、 Chart.jsをインクルードします。

<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/Chart.js/2.4.0/Chart.min.js"></script>

これでチャートを作れるようになりました。 HTMLに以下のスクリプトを追加してください。

var ctx = document.getElementById('myChart').getContext('2d');
var chart = new Chart(ctx, {
    // 作成したいチャートタイプ
    type: 'line',
 
    // データセットの情報
    data: {
        labels: ["January", "February", "March", "April", "May", "June", "July"],
        datasets: [{
            label: "My First dataset",
            backgroundColor: 'rgb(255, 99, 132)',
            borderColor: 'rgb(255, 99, 132)',
            data: [0, 10, 5, 2, 20, 30, 45],
        }]
    },
 
    // 設定オプションはここに
    options: {}
});

Chart.jsはこんなに簡単です!
ここからチャートをカスタマイズするのに役立つ、 スケール(scales)、ツールチップ(tooltips)、ラベル(labels)、色(colors)、カスタムアクション(custom actions)等、 多くのオプションを調べることができます。

また、各リリースに含まれているChart.js.zip/sampleディレクトリには、 たくさんのサンプルが含まれています。


© 2013 Chart.js is available under the MIT license

このコンテンツはChart.jsドキュメントを翻訳/改変したものです。