Chart.js - にほんご。

Contribute

更新日: 2018-06-14

ライブラリへのコントリビュートは大歓迎ですが、 以下のガイドラインに従ってください。

  • スペースではなくタブを使って下さい。
  • /src内の個々のファイルのみを変更してください。
  • gulp lintを実行して、コードがeslintに通ることを確認してください。
  • gulp testを実行して、コードがテストに合格することを確認してください。
  • プルリクエストは簡潔にしてください。そして新しい機能を関連する.mdファイルに文書化して下さい。
  • 変更が全てのユーザーに役に立つか、またはプラグインを作成する方が適切かを検討してください。
  • 稀にあるメジャーリリースがない限り、変更を破棄しないでください。 下位互換性については、気をつけなければならない事が沢山あるので、 新規の高度な機能については、プラグインの開発を勧めています。

プロジェクトへの参加

活動中のコミッターや、コントリビューターは、 自由に自己紹介して、プロジェクトのコミット権限をリクエストしてください。 あなたがプロジェクトへ参加するために非常にアクティブなSlackコミュニティがあります。 あなたが協力出来ると思うなら、参加を待っています!

ビルドとテスト

Chart.jsはgulpを使って、 1つJavaScriptファイルを生成します。

まず、開発のdependenciesをインストールする必要があります。 nodenpmがインストールされている場合、 Chart.jsのリポジトリをローカルにcloneした後、 コマンドでcloneしたディレクトリに移動して、以下のコマンドを実行します。

> npm install
> npm install -g gulp

これでChart.jsの開発のdependenciesと、gulpのCLIがインストールされます。

リポジトリのルートで以下のコマンドが利用可能になります。

> gulp build                // Chart.jsを./dist以下にビルドします。
> gulp unittest             // ./test/specsからテストを実行します。
> gulp unittest --watch     // テストを実行と、ソースの変更をウォッチします。
> gulp unittest --coverage  // テストの実行と、./coverage以下にカバレッジレポートを生成します。
> gulp lint                 // ESLintを実行します。
> gulp test                 // ESLintを実行し、ユニットテストを実行します。
> gulp docs                 // ./dist/docs以下にドキュメントを生成します。

より詳しい情報はgulpfile.jsを参照して下さい。

バグとissue

バグやissueはGitHubのgithub.com/chartjs/Chart.jsで報告してください。 issueはヘルプやサポート目的で使用しないでください。 Chart.jsのヘルプはStack Overflowのchartjsタグを確認してください。

構造化された詳細なバグレポートは、プロジェクトにとって非常に貴重です。

バグレポートのガイドラインは以下になります。

  • issueを検索して、既に報告されているかどうかを確認します。
  • 問題をシンプルなテストケースに分離してください。
  • 該当のバグのデモを JS BinJS FiddleCodepen等で生成してレポートに含めてください。 (テンプレート)

使用ブラウザや、解像度、特定のデータでのみ発生するか等、 バグに関する詳細もレポートに記載してください。


© 2013 Chart.js is available under the MIT license

このコンテンツはChart.jsドキュメントを翻訳/改変したものです。