Umbrella - にほんご。

array

.array([callback])

DOMから構造化データを抽出します。


パラメータ

callback : function
function = function(node, i){ return node.innerHTML }
各ノードで呼び出されるコールバック。 戻り値は、最終的な処理結果を返します。 配列が返された場合、結果セットに追加します。 もしnullや空文字が返ってきた場合は、それらは削除されます。 オプションです。
.array()
.array(callback)

戻り値

array
コールバックによって返された要素で構成された配列です。

各要素からJavaScript配列を生成します。

HTML

<ul>
  <li>Peter</li>
  <li>Mery</li>
  <li>John</li>
</ul>

JavaScript(デフォルト)

u('ul li').array();
// ['Peter', 'Mery', 'John']

JavaScript(コールバック指定):

u('ul li').array(function(node){
  return { name: u(node).text() };
});
// [{ name: 'Peter' }, { name: 'Mery' }, { name: 'John' }]

デモ

以下のリストをクリックすると、 リストの内容を配列としてconsole.logに出力します。

  • 1-1
  • 1-2
  • 2-1
  • 2-2
    • 2-2-1

JavaScript

u('#demo').on('click', function() {
  var array = u(this).find('li').array(function(node){
    return { name: u(node).text() };
  });
  console.log(array);
});

HTML

<div id="demo">
  <ul>
    <li>1-1</li>
    <li>1-2</li>
    <li></li>
  </ul>
  <ul>
    <li>2-1</li>
    <li>2-2
      <ul>
        <li>2-2-1</li>
      </ul>
    </li>
  </ul>
</div>

© 2014 Francisco Presencia Released under the MIT license

このコンテンツはFrancisco Presencia(franciscop)によるUmbrella JSドキュメントを翻訳/改変したものです。