Pug - にほんご。

Express Integration

PugはExpress(Node.jsのWebフレームワーク)で サポートされているテンプレートエンジンとして使うことができます。 Express上で動かす方法については素晴らしいガイドを参照して下さい。


Production Defaults

ExpressではNODE_ENVを使ってWebアプリケーションの実行環境を指定する仕組みになっています。 ExpressとPugは、より使いやすくするために、いくつかのデフォルトオプションを自動で変更します。

具体的には、process.env.NODE_ENVには'production'を指定します。 そして、compileDebugオプションはデフォルトでfalsecacheオプションはtrueを指定します。

compileDebugcacheを上書きするには、 app.localsres.localstrueまたはfalseを指定してください。 cacheオプションはExpressのapp.disable/enable('view cache')でも上書きすることができます。

より詳しい情報はExpressのAPI referenceを参照してください。

© 2017 pugjs.org Released under the MIT license

このコンテンツはpugドキュメントを翻訳/改変したものです。