highlight.js - にほんご。

Language contributor checklist

1. 言語定義の.jsファイルを追加

ファイルには、 ライブラリ(hljs)への参照を受け入れ、 言語オブジェクトを返す関数を定義します。 ライブラリパラメータは、共通のモードと、正規表現を使うのに便利です。 この関数はすぐに呼び出すべきではありません。 この関数はビルド中に処理され、ビルドターゲットによって詳細が異なります。

function(hljs) {
  return {
    keywords: 'foo bar',
    contains: [ ..., hljs.NUMBER_MODE, ... ]
  }
}

ファイル名は、言語の識別子として使われるので、 HTMLとCSSのクラス名として使うことができます。


2. メタデータの挿入

ファイルの先頭には、ビルドシステムに処理されたメタデータを持つ、 特殊な形式のコメントがあります。 メタデータは、各行がkey-valueの形式で構成されています。

/*
Language: Superlanguage
Requires: java.js, sql.js
Author: John Smith <email@domain.com>
Contributors: Mike Johnson <...@...>, Matt Wilson <...@...>
Description: Some cool language definition
*/

Language
唯一必要なヘッダーで、読みやすい言語名が記載されます。
Requires
この言語定義が動作するのに必要な、他の言語のファイルリスト。 これにより、他の言語の定義を拡張する言語を定義することができます。 必要なファイルは特殊な方法で処理するわけではありません。 ビルドシステムは、これらのファイルを、 最終的なパッケージのLANGUAGESオブジェクトに確実に追加します。

その他のヘッダーの意味は、keyの通りです。


3. コード例の作成

コード例は、https://highlightjs.org/のトップページと、デモページで使用されます。 コード例は、test/detect//default.txtとして作成してください。

test/detect/にある、他の言語からインスピレーションを得てください。 詳細はビルドとテストを参照してください。


4. クラスリファレンスを書く

クラスリファレンスはCSSクラスリファレンスにあります。 言語定義で使用中の意味を持った全てのモードを記述してください。


5. AUTHORS.*.txtとCHANGES.mdの編集

もし新規のコントリビューターなら、開発者リストに名前を追記してください。 英語版とロシア語版を自由に使って下さい。 併せて、CHANGES.mdも更新すると良いでしょう。


6. プルリクエストを作成

コントリビュートをGitHubでプルリクエストしてください。


© 2006 Highlight.js is released under the BSD License. See LICENSE file for details.

このコンテンツはhighlightjsドキュメントを翻訳/改変したものです。