flatpickr - にほんご。

Updating from v2

flatpickr v3での変更点は最小限の変更に留まるようにしています。


utcオプションを非推奨化

変更動機

utcオプションは日付操作するためのハックでした。

しかし、正しいタイムゾーンが得られず、その結果、必ずしも正しい日付を得られることが出来ませんでした。

アップグレード方法

dateFormat: "Z"を使います。これはISO日付形式のショートカットです。

これには正しいタイムゾーン情報が含まれているおり、ほぼ全てのデータベースで利用することができます。

併せて、altInput: trueを指定してユーザーにとって分かりやすく表示することをお勧めします。

呼び出しの簡素化

変更動機

v2では、似た構文で挙動の違う呼び出し構文だったので、ユーザーが混乱する要因になっていました。

new Flatpickr()は要素(Element)だけをサポートし、 flatpickr()はセレクタのみをサポートしていました。

v3では、この2つを統合しました。

アップグレード方法

flatpickrrequire()(webpackや、他のバンドラー)を使っている場合
→ 素晴らしい!!処理を変更せずにv3にアップグレードすることができます。


flatpickr<script src=".../flatpickr.js"...(つまりinline)で指定している場合
→ 1回だけ修正が必要です。単純にFlatpickrflatpickrに変えるだけです。

これはFlatpickr.defaultConfig...などの指定も同様です。 Flatpickrflatpickrに変えましょう。

© 2017 Gregory Petrosyan Released under the MIT license

このコンテンツはGregory Petrosyan(chmln)によるflatpickrドキュメントを翻訳/改変したものです。