flatpickr - にほんご。

Options

オプション

ここではflatpikrで指定可能なオプションを説明しています。

OptionType初期値概要
altFormatstring"F j, Y"altInputでの表示形式を指定します。dateFormatと同様です。
altInputbooleanfalse代替表記用input要素を生成します。 ユーザーに対しては読みやすい日付を表示し、 送信データには別の表記を渡したい場合に指定します。
altInputClassstring""altInputで生成されたinput要素に付与されます。
元となるinput要素からクラスを継承していることに注意してください。
allowInputbooleanfalse日付を直接入力可能にします。初期値は直接入力不可です。
appendToHTMLElementnullカレンダーをbody以外の指定した要素に追加します。
clickOpensbooleantrueinput要素をクリックしてカレンダーを開くかどうか。 open()を使って手動で開く場合は無効にすることができます。
dateFormatstring"Y-m-d"入力欄に表示する日付形式を指定します。 サポートされている文字は以下の表で定義されています。
定義リスト
defaulDatestringnull初期日付を指定します。
もしmode: "multiple"オプションを指定している場合や、 mode: "range"オプションを指定している場合は、 Dateオブジェクトの配列か、日付文字列の配列を指定することができます。
それ以外の場合は単一のDateオブジェクトか、日付文字列を指定することができます。
defaultHourNumber12初期日時の「時間」を指定します。
defaultMinuteNumber0初期日時の「分」を指定します。
disablearray[]特定の日付を無効化を参照してください。
disableMobileBooleanfalse非ネイティブの日付ピッカーを利用する場合はdisableMobiletrueを指定します。 デフォルトでは、特に指定が無い限りネイティブの日付ピッカーを利用します。
enablearray[]特定日付以外を無効化を参照してください。
enableTimebooleanfalse「時間」ピッカーを有効化します。
enableSecondsbooleanfalse「秒」ピッカーを有効化します。
hourIncrementinteger1カーソルキーやスクロールの入力時に「時間」の増加量を指定します。
inlinebooleanfalseカレンダーをインライン表示します。
maxDateString/Datenull選択可能な最大日付を指定します。選択可能な日付は指定日を含みます。
minDateString/Datenull選択可能な最小日付を指定します。選択可能な日付は指定日を含みます。
minuteIncrementinteger5カーソルキーやスクロールの入力時に「分」の増加量を指定します。
modeString"single"日付選択モードを指定します。
"single":単一日、"multiple":複数選択、"range":期間
nextArrowstring>次月に切り替えに使用するアイコンをHTMLで指定します。
noCalendarbooleanfalse日付選択を無効化します。
「時間」ピッカーを利用する場合はenableTimeと一緒に利用します。
onChangefunction,
[functions]
null日付変更時に実行させる関数を指定します。 イベントを参照してください。
onClosefunction,
[functions]
nullカレンダーを閉じた時に実行させる関数を指定します。 イベントを参照してください。
onOpenfunction,
[functions]
nullカレンダーを開いた時に実行させる関数を指定します。 イベントを参照してください。
onReadyfunction,
[functions]
nullカレンダーが表示待ちになった時に実行させる関数を指定します。 イベントを参照してください。
parseDatefunctionfalse日付文字列を使い、Dateオブジェクトを返す関数を指定します。
prevArrowstring<前月に切り替えに使用するアイコンをHTMLで指定します。
shorthandCurrentMonthbooleanfalse月を省略形式で表示します。例えばSeptemberはSepになります。

* 日本語表示の場合は変化がありません。

staticbooleanfalseカレンダーの位置をwrapperの中に移動させ、input要素の隣に配置します。
time_24hrbooleanfalse時間選択が24時間モードになり、AM/PMの選択が無効化されます。
weekNumbersbooleanfalseカレンダーに週番号を表示します。
wrapbooleanfalseflatpickr + 外部要素を参照してください。

© 2017 Gregory Petrosyan Released under the MIT license

このコンテンツはGregory Petrosyan(chmln)によるflatpickrドキュメントを翻訳/改変したものです。