Chart.js - にほんご。

線形軸(linear)

リニア(線形)スケールは、数値データのチャートに使用されます。 名前が示すように、線形補間を使って、値が軸の中心からどの位置にあるかを決定します。

ラジアルリニアスケールでは以下のオプションがあります。

設定オプション

軸には目盛線、アングルライン(レーダーチャートで中心から外側に表示される線)、 pointLabels(レーダーチャートの端に表示されるラベル)のプロパティがあります。 以下のセクションで、それぞれのプロパティを定義します。

名称type説明
angleLinesobjectアングルラインの設定。 詳しくはこちら
gridLinesobjectグリッドラインの設定。 詳しくはこちら
pointLabelsobjectポイントラベルの設定。 詳しくはこちら
ticksobject目盛線の設定。 詳しくはこちら

目盛線設定

リニアスケールには、以下のオプションがあります。 これらのオプションは、全てticksオプションのサブオプションです。 この軸では共通目盛線設定がサポートされています。

名称type初期値説明
backdropColorcolorrgba(255, 255, 255, 0.75)ラベルの背景色。
backdropPaddingXnumber2ラベル背景の水平パディング。
backdropPaddingYnumber2ラベル背景の垂直パディング。
beginAtZerobooleanfalsetrueの場合、スケール指定されていなければ0を表示します。
minnumberデータの最小値を、スケールの最小値で上書きします。 詳しくはこちら
maxnumberデータの最大値を、スケールの最大値で上書きします。 詳しくはこちら
maxTicksLimitnumber11表示する目盛線とグリッドラインの最大数。
stepSizenumberスケールの固定ステップサイズ。 詳しくはこちら
suggestedMaxnumberデータの最大値を計算する場合に使用する調整値。 詳しくはこちら
suggestedMinnumberデータの最小値を計算する場合に使用する調整値。 詳しくはこちら
showLabelBackdropbooleantruetrueの場合、ラベル背景を表示します。

範囲設定

軸の範囲設定が複数指定された場合に、 それぞれの値が互いにどう作用するか理解することが重要です。

suggestedMaxsuggestedMinは、 軸をスケールするために、データのみを変更します。 これらは、自動で軸範囲を変更するに便利です。

let minDataValue = Math.min(mostNegativeValue, options.ticks.suggestedMin);
let maxDataValue = Math.max(mostPositiveValue, options.ticks.suggestedMax);

以下の例では、データの最大値は50ですが、最大値を100まで拡張します。 しかし、最小値はsuggestedMinの値よりも小さいので、無視されます。

let chart = new Chart(ctx, {
    type: 'radar',
    data: {
        datasets: [{
            label: 'First dataset',
            data: [0, 20, 40, 50]
        }],
        labels: ['January', 'February', 'March', 'April']
    },
    options: {
        scale: {
            ticks: {
                suggestedMin: 50
                suggestedMax: 100
            }
        }
    }
});

suggested~とは対象的に、 minmaxでは軸の終端が明示的に設定されます。 これらが設定されると、一部のデータが表示されない場合があります。

ステップサイズ

stepSizeが設定されている場合、 目盛線はstepSizeの倍数で列挙されます。 stepSizeが設定されていない場合、 適切なアルゴリズムを使って自動的に目盛線を表示します。

以下の例では、0, 0.5, 1, 1.5, 2, 2.5, 3, 3.5, 4, 4.5, 5に目盛線を生成するY軸チャートを設定しています。

let options = {
    scales: {
        yAxes: [{
            ticks: {
                max: 5,
                min: 0,
                stepSize: 0.5
            }
        }]
    }
};

アングルライン設定

以下のオプションを使って、チャートの中心点から放射状に広がる斜線(アングルライン)を設定します。 これらはangleLineオプションのサブオプションです。 これらのオプションは、angleLines.displaytureを指定している場合にのみ適用されることに注意してください。

名称type初期値説明
displaybooleantruetrueの場合、アングルラインを表示します。
colorcolorrgba(0, 0, 0, 0.1)アングルラインの色。
lineWidthnumber1アングルラインの太さ。

ポイントラベル設定

以下のオプションは、スケールの周りに表示されるラベル(ポイントラベル)を設定するために使用します。 これらはpointLabelsオプションのサブオプションです。 これらのオプションは、pointLabels.displaytureを指定している場合にのみ適用されることに注意してください。

名称type初期値説明
callbackfunctionデータラベルをポイントラベルに変換するコールバック。 デフォルトは、そのままの文字を返します。
fontColorcolor#666ポイントラベルの文字色。
fontFamilystring"'Helvetica Neue', 'Helvetica', 'Arial', sans-serif"ポイントラベルのフォント。
fontSizenumber10ポイントラベルのフォントサイズ。
fontStylestringnormalポイントラベルのフォントスタイル。

© 2013 Chart.js is available under the MIT license

このコンテンツはChart.jsドキュメントを翻訳/改変したものです。