Barba - にほんご。

Barba.Utils

いくつかの便利な機能があります。


メンバ変数

Barba.Utils.xhrTimeoutNumber

xhrリクエストをタイムアウトにする時間(ミリ秒)を指定します。

type : number
default : 5000

関数

Barba.Utils.deferred()

Defferdオブジェクトを返します。 戻り値はobjectです。
Defferd


Barba.Utils.extend(obj, props)

ojbpropsを取得し、 プロパティがマージされたオブジェクトを返します。 戻り値はobjectです。

obj : object
props : object

Barba.Utils.getCurrentUrl()

現在のURLを返します。 戻り値はstringです。


Barba.Utils.xhr(url)

XMLHttpRequest()を開始し、Promiseを返します。 戻り値はpromiseです。

url : string

© 2016 Luigi De Rosa Released under the MIT license

このコンテンツはLuigi De Rosa(luruke)によるBarbaドキュメントを翻訳/改変したものです。